志望動機を上手に書く|小論文は志望動機書に役立てる《入試の対策》

志望動機の内容

志望動機書に書く内容は、今まで自分が何をしてきたのか、何に関心を持っているのかを考えるといいでしょう。それに加えて学校で行なっている取り組みも書くと好印象に受け取られることが多いようです。

志望動機を上手に書く

学生

学校側の考え

志望動機を書く前に学校側がどう考えているかを考えます。入学して欲しい人物像を理解することで志望動機も書きやすくなり、担当者側へのアピール力も増すでしょう。

将来のイメージや目的意識を持つ

志望動機で大事なことはいくつもありますが、その中でも目的意識と将来のイメージを持つことは重要になっています。何のためにその学校に行くのか、その学校で何をしたいのかをしっかりとイメージしておきましょう。

四段落で構成する

志望動機書を書くコツとして四段落構成が書きやすいとされています。志望理由から始まり、志望の動機、入学したらどうしたいのか(何を目指すのか)、まとめ、というように書くと文章もスッキリして気持ちを伝えやすくなります。